利用規約

第1条 利用規約について

YakyuNoteが運営するSNSサービス(以下、「本サービス」といいます)について、本サービスを利用する者(以下、「ユーザー」といいます)は、利用登録した時点で、YakyuNoteが提供する本サービスを利用する資格(以下、「ユーザー資格」といいます)が与えられます。

また、ユーザーが特定のサービスご利用に際して付加されているガイドラインにつきましては、それぞれのサービスをご参照ください。各サービスごとのガイドラインは本規約の一部を構成しており、それらすべてを含めたものが利用規約となっております。なお、本利用規約とガイドラインの規約が異なる場合には、個ガイドラインの規約が優先するものとします。

本利用規約およびガイドライン(以下、併せて「本利用規約等」といいます)については、ユーザーに対する事前の通知なく、YakyNoteが変更できるものとします。本利用規約等が変更された場合、当該変更後のユーザーによる本サービスの利用には変更後の本利用規約等が適用されるものとし、当該利用により、ユーザーは当該変更に同意したものとみなされます。

第2条 個人情報について

YakyuNoteは、個人情報を「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取り扱うものとします。

第3条 入会登録、登録情報の管理及び利用上の注意等について

YakyuNoteでは、ユーザーの皆様に原則、実名および実在の情報を提供していただいています。

ユーザーは、登録とアカウントのセキュリティの維持のために、以下の点を守ることをYakyuNoteに確約するものとします。

  • 1.ユーザーは、虚偽の個人情報を提供したり、許可を得ることなく自分以外の人のアカウントを作成することはできません。
  • 2.ユーザーは、利用に際して登録した情報(以下、「登録情報」といいます。メールアドレスやパスワード等を含みます)について、自己の責任の下、任意に登録、管理するものとします。
    ユーザーは、第三者にパスワードを使用されることのないよう、以下の事項を守らなければなりません。
    • 容易に第三者に推測されないパスワードとすること
    • 第三者に自己のパスワードを公開しないこと
    • 複数の人間が使用するコンピュータならびに携帯電話上で本サービスを利用する場合は、本サービスの利用を終えるときに必ずログアウトしウェブブラウザを終了させること
    • 複数の人間が使用する携帯電話上で本サービスを利用する場合は、かんたんログイン(ログイン時のメールアドレスとパスワードの入力を省略できる機能)の登録解除を行っておくこと
  • 3.YakyuNoteでは、登録されたパスワードによって本サービスの利用があった場合、利用登録をおこなった本人が利用したものと扱うことができ、当該利用によって生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任については、利用登録を行った本人に帰属するものとします。
    ユーザーは、パスワードの不正使用によってYakyuNoteまたは第三者に損害が生じた場合、YakyuNoteおよび第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。
  • 4.登録情報の管理は、ユーザーが自己の責任の下で行うものとし、登録情報が不正確または虚偽であったためにユーザーが被った一切の不利益および損害に関して、YakyuNoteは責任を負わないものとします。

第4条 入会登録の不承認について

YakyuNoteは、以下いずれかに該当する場合は、YakyuNoteの判断によって、入会申込者の入会登録を承諾しないことがあります。

  • (1)入会登録者が、前条の方法によらずに入会の申込を行った場合
  • (2)入会申込者が、過去に本利用規約又はその他の利用規約等に違反したことを理由として強制退会処分を受けた者である場合
  • (3)その他YakyuNoteが不適切と判断した場合

第5条 退会について

  • 1.ユーザーが退会を希望する場合には、ユーザーは、YakyuNote所定の方法により、YakyuNoteに退会の申出を行うものとします。
  • 2.YakyuNoteは、ユーザーが次の各号に掲げるいずれかの行為を行った場合には、YakyuNoteの判断によって、ユーザーを強制的に退会させて本サービスの利用をお断りすることがあります。
    • (1)第3条の登録の方法に違反したことが明らかとなった場合
    • (2)本利用規約又はその他の利用規約等に違反した場合
    • (3)その他YakyuNoteが不適切と判断した場合

第6条 登録ユーザーの責任について

  • 1.すべてのコンテンツ(情報、データ、文書、ソフトウェア、音楽、音、写真、画像、映像、ビデオ、伝言、文字など)は、たとえその内容が公知、周知のものであったとしても、またはユーザーが個人的に取得したものであったとしても、その内容に関する権利は、それらを最初に作成した人(最初に作成した人から正当にその権利の譲渡や許諾を受けた人も含みます)に帰属するということを認識してください。
  • 2.ユーザーのみなさまが、YakyuNote が提供するサービスを媒体として他人に掲載、開示、提供または送付するコンテンツに関する責任は、ユーザー自身が負います。YakyuNote はユーザーに代わって責任を負うことは一切ありませんし、ユーザーのみなさまがサービスを媒介として他人に掲載、開示、提供または送付されるコンテンツを管理したり、その内容の信頼性、真実性、適法性を保証したりすることは一切ありません。つまり、ユーザーが、ご自身で掲載、開示、提供または送付したコンテンツに関して刑罰を受けたり、損害賠償請求をされたり、第三者から異議を申し立てられたりする可能性があるということをよくご理解いただく必要があります。YakyuNote コンテンツの内容および当該内容を使用したことに起因する損害については責任を負いません。

第7条 禁止事項について

  • 1.法令に違反するもの、他人の権利を侵害するもの、他人に経済的・精神的損害を与えるもの、脅迫的なもの、他人の名誉を毀損するもの、他人のプライバシーを侵害するもの、いやがらせ、他人を中傷するもの、猥褻・猥雑なもの、品性を欠くもの、罵詈雑言に類するもの、嫌悪感を与えるもの、民族的・人種的差別につながるもの、倫理的観点などから問題のあるものをサービスを通じて他人に掲載、開示、提供または送付すること。
  • 2.未成年者を害するような行為。
  • 3.自分以外の人物を名乗ったり、代表権や代理権がないにもかかわらず会社などの組織を名乗ったりまたは他の人物や組織と提携、協力関係にあると偽ったりすること。故意過失に基づき誤認した場合も含みます。
  • 4.YakyuNote のサービスを通じて配信されたコンテンツの発信元を隠したり、偽装するために、ヘッダーなどの部分に手を加えること。
  • 5.法律上、送信(発信)する権利を有していないコンテンツをアップロードしたり掲示したり、メールなどの方法で送信(発信)すること。
  • 6.第三者の知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権など)を侵害するようなコンテンツをアップロードしたり掲示したり、メールなどの方法で送信(発信)すること。
  • 7.商業用の広告、宣伝を目的としたコンテンツ、ジャンクメール、スパムメール、チェーンレター、無限連鎖講、その他勧誘を目的とするコンテンツをアップロードしたり掲示したり、メールなどの方法で送信(発信)すること。ただし、YakyuNoteが特別に指定したサービス内で、当該サービスのガイドラインに沿って行う場合を除きます。
  • 8.コンピュータのソフトウェア、ハードウェア、通信機器の機能を妨害、破壊、制限するようにデザインされたコンピュータウィルス、コンピュータコード、ファイル、プログラムを含むコンテンツをアップロードしたり掲示したり、メールなどの方法で送信(発信)すること。
  • 9.画面上での対話の流れを妨害したり、他のユーザーがキーボードから入力できないようなスピードで画面をスクロールさせるなど、方法のいかんを問わず他のユーザーがリアルタイムに操作、入力しようとすることに悪い影響をおよぼすような行為。
  • 10.サービスまたはサービスに接続しているサーバーもしくはネットワークを妨害したり、混乱させたりすること、あるいはサービスに接続しているネットワークの使用条件、操作手順、諸規約、規定に従わないこと。
  • 11.故意、過失を問わず法令に違背する行為を行うこと。
  • 12.ストーキング行為を行うなど、方法のいかんを問わず第三者に対する嫌がらせを行うこと。
  • 13.他のユーザーの個人情報を収集したり蓄積すること、またはこれらの行為をしようとすること。

第8条 サービスの変更等について

ユーザーに通知することなくいつでも本サービスを変更、停止または中止することができるものとします。YakyuNoteが本サービスを変更、停止または中止した場合や、事件・事故等によりやむを得ずサービスを変更、停止または中止せざるを得なかった場合にも、YakyuNoteはユーザーに対して一切責任を負わないものとします。サービスの一部のうち、期限を定めてリリースしたものについては、定められた期限の経過をもってその一部は停止され、この際のYakyuNoteのユーザーに対する責任についても同様とします。

第9条 本サービスを通じてユーザーが送信(発信)されるコンテンツ等に関する権利、使用許諾等及び削除権限について

  • 1.本サービスを通じてコンテンツ等の情報を送信(発信)するユーザーは、YakyuNoteに対し、送信(発信)されるコンテンツ等の情報が第三者の権利を侵害していないことを保証するものとします。万一、第三者との間で何らかの紛争が発生した場合には、当該ユーザーの費用と責任において問題を解決するとともに、YakyuNoteに何等の迷惑又は損害を与えないものとします。
  • 2.本サービスを利用してユーザーが送信(発信)されるコンテンツ等の情報の権利(著作権および著作者人格権等の周辺権利)は、創作したユーザーに帰属します。
  • 3.YakyuNoteは、ユーザーが送信(発信)されるコンテンツ等の情報を、本サービスの円滑な提供、YakyuNoteシステムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内で、利用することができるものとします。
  • 4.YakyuNote が必要と判断した場合には、本サービスを通じて送信(発信)されるコンテンツを削除し、または掲載場所を変更することができるものとします。このYakyuNote の削除権には、本規約に違反するコンテンツおよびYakyuNote が問題があると判断したコンテンツを削除する権利も含まれております。

第10条 免責事項について

  • 1.YakyuNoteは、ユーザーの通信や活動に関与しません。万一ユーザー間の紛争があった場合でも、当該ユーザー間で解決するものとし、YakyuNoteはその責任を負いません。
  • 2.YakyuNoteは、本サービスの内容の追加、変更、又は本サービスの中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。アクセス過多、その他予期せぬ要因で表示速度の低下や障害等が生じた場合も同様とします。
  • 3.YakyuNoteは、本サービスを通じてユーザーが送信(発信)されるコンテンツ等の情報を監視したり、保存する義務を負いません。
  • 4.YakyuNoteは、本サービスを通じてユーザーが送信(発信)されるコンテンツ等の情報の合法性、道徳性、信頼性、正確性について責任を負いません。本サービスを通じてユーザーが送信(発信)されるコンテンツ等の情報が、当該ユーザーが所属する法人・団体等の内部規則等に適合することについても、責任を負いません。
  • 5.YakyuNoteは、次に掲げる場合には、本サービスを通じてユーザーが送信(発信)されるコンテンツ等の情報の内容を閲覧したり、保存したり、第三者に開示すること(以下、本項において「閲覧等」といいます)ができるものとします。YakyuNoteは、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
    • (1)YakyuNoteが日記等の情報を投稿したユーザーの登録メールアドレスに宛てて閲覧等の同意を求める電子メールを送信した場合であって、次の各号に掲げるいずれかに該当するとき。
      • (ア)当該ユーザーが閲覧等に同意したとき。
      • (イ)YakyuNoteが閲覧等の同意を求める電子メールを送信してから7日以内に、これを拒否する旨の当該ユーザーの電子メールでの回答がYakyuNoteのメールサーバに到達しなかったとき。ただし、緊急止むを得ない事由が生じたときは除く。
    • (2)本サービスの技術的不具合の原因を解明し、解消するため必要な場合。
    • (3)裁判所や警察などの公的機関から、法令に基づく正式な照会を受けた場合。
    • (4)本利用規約に違反する行為又はそのおそれのある行為が行われ、日記等の情報の内容を確認する必要が生じたとYakyuNoteが判断した場合。
    • (5)人の生命、身体及び財産などに差し迫った危険があり、緊急の必要性があるとYakyuNoteが判断した場合。
    • (6)第6条第2項各号に掲げる事項に該当する場合
    • (7)その他本サイトを適切に運営するために必要が生じた場合。
  • 6.YakyuNoteは、本利用規約又はその他の利用規約等に違反する行為又はそのおそれのある行為が行われたと信じるに足りる相当な理由があると判断した場合には、当該行為を行ったユーザーの強制退会処分、日記等の情報の全部もしくは一部の削除、及び公開範囲の変更等を行う場合がありますが、それによって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
  • 7.本利用規約又はその他の利用規約等が消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項の消費者契約に該当する場合には、本利用規約及びその他の利用規約等のうち、YakyuNoteの損害賠償責任を完全に免責する規定は適用されないものとします。この場合においてユーザーに発生した損害がYakyuNoteの債務不履行又は不法行為に基づくときは、YakyuNoteは、当該ユーザーが直接被った損害を上限として損害賠償責任を負うものとします。ただし、YakyuNoteに重過失がある場合に限ります。

第11条 訴訟等について

  • 1.YakyuNoteとユーザー間で訴訟等が生じた場合には、東京地方裁判所を専属的合意管轄とします。
  • 2.YakyuNoteとユーザー間で訴訟等が生じた場合には、準拠法は日本法とします。
: