のり

<<2014年7月>>

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
カレンダーの仕様が変わりました。開催日時で表示されています。

のりさんのスコアボード

(Web全体に公開)

2014年07月18日

日大三 7 - 0 創価 (八王子市民球場)

2014年07月18日 八王子市民球場
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
日大三 4 0 0 0 0 0 3 × × 7
創価 0 0 0 0 0 0 0 × × 0
【2014選手権 西東京4回戦 日大三vs創価】

先発ピッチャー、創価・1年生11.谷井君。


日大三・エース 1.釘宮君。



1回表日大三。
1番稲見君、フルカウントから技ありのセンター前ヒット。

WPで無死2塁とすると、2番新井君には四球。


3番釘宮君も四球で満塁の後、4番廣谷君がレフトフェンス直撃、走者一掃の3点タイムリー二塁打で三高があっという間に3点を先制。
なおも5番田村君がライト前タイムリーを放ち、三高が初回に大きな大きな4点を先制。
日大三4-0創価。


2回裏創価。
二死から、6番窪田君がライト線へ二塁打。




しかし7番茂木君は初球をセンターフライで無得点。


3回表日大三。
先頭の3番釘宮君がライト前。三振、ファーストゴロの後、6番秋葉君がライト前で二死1・2塁。


7番伊藤君はレフトフライで無得点。
日大三4-0創価。


3回裏創価。
流れを引き寄せたい創価。


谷井君が死球で出塁するものの、内野フライ3つで無得点。


4回表日大三。
先頭の8番伊藤君がライト前。バント、ライトフライで一死3塁。


2番新井君は痛烈な打球もショートゴロで無得点。


4回裏創価。


3番村松君セカンドゴロエラー、サードゴロで一死1塁。
5番古澤君ライト前で一死1・2塁も、6番窪田君がショートゴロ併殺で無得点。


5回表日大三。
先頭の3番釘宮君がレフト線へ二塁打!

4番廣谷君が送って一死2塁。


5番田村君セカンドファールフライ、6番秋葉君ライトフライで無得点。


創価が粘る。


5回裏、6回表はそれぞれ三者凡退。


6回裏創価。
二死から3番村松君四球。


4番川口君はライトフライで無得点。


創価は釘宮君をとらえられない。


7回表日大三。
1番稲見君がストレートの四球。
バントで送って一死2塁。


3番釘宮君レフト前、4番廣谷君がライトへ犠牲フライで三高が待望の追加点。
日大三5-0創価。

ライトからの返球がそれて二死2塁。
バッターは5番の田村君。


ライトへツーランホームランでダメ押しの2点。
日大三5-0創価。


7回裏創価。
一死から6番窪田君が右中間へ二塁打。


代打・主将の松田君は四球、8番伊藤君も四球で一死満塁。
しかし、代打・木戸口君は空振り三振、1番八柄はセカンドフライで試合終了。


日大三高が創価を去年の準決勝と同じ7-0で下して5回戦へ進出です。

創価はこれで夏の大会は3年連続で日大三に敗れました。


日大三
400 000 3 = 7 H10 E1
000 000 0 = 0 H 3 E2
創価

谷井→作山
釘宮


2013準決勝
日大三
322 000 0 = 7 H7 E0
000 000 0 = 0 H7 E2
創価

内野→樽海
大場


2012準決勝
創価
010 000 000 = 1 H9 E1
001 000 20x = 3 H8 E1
日大三

内野→池田
斉藤



投手
日大三 谷井6回2/3→作山1/3
創価 釘宮
打数 安打 打点 二塁打 三塁打 本塁打 三振 四球 死球 犠打 残塁 エラー
日大三
創価
併殺 暴投 ボーク 捕逸 打撃妨害
日大三
創価
2014年
07月18日
23:21
: