甲子園フリーク編集長さんのトーナメント

(Web全体に公開)

(編集:Only me can edit)

基本データ
大会名 第1回全国中等学校優勝野球大会
世代 高校生
年度 1915年
シーズン
地域 全日本
展望
第1回全国中等学校優勝野球大会
試合日程 1915年8月18日 - 8月23日
出場校 10校
参加校数 73校
優勝校 京都二中(京都、初優勝)
試合数 10(再試合1)試合
始球式 村山龍平(朝日新聞社社長)
大会本塁打 1本塁打

1915年7月1日に「第1回全国中等学校優勝野球大会」の開催を朝日新聞社から発表された。大会開催まで日数が少なく、春に武侠世界主催の東京都下大会優勝した早稲田実と東北、東海、京津、関西、兵庫、山陽、山陰、四国、九州の9地区で予選から参加した73校の中から9校の計10校が代表となった[1]。
審判は球審と塁審二人のほかに陪審を置いた。陪審はネット裏で観戦し、何か問題が起こった時に三人の審判に相談にのったり試合評を書く役目だったが、この大会だけで廃止となった[2]。
優勝校には優勝旗、銀メダル、選手にはスタンダード大辞典、50円図書切手、腕時計が贈られた。準優勝校には英和中辞典、1回戦の勝利校には万年筆が選手全員に送られた。しかし大会終了後に、アマチュア選手に数々の副賞を贈るのはどうかと議論が起こり、翌年からは優勝旗と参加メダルのほかは、おみやげとして大阪名物の粟おこしだけとなった[2]。

1回戦
8月18日 鳥取中 14 - 7 広島中
8月19日 和歌山中 15 - 2 久留米商
準々決勝
8月18日 京都二中 15 - 0 高松中
8月18日 早稲田実 2 - 0 神戸二中
8月19日 秋田中 9 - 1 三重四中
8月20日 和歌山中 7 - 1 鳥取中
準決勝
8月20日 秋田中 3 - 1 早稲田実
8月21日 京都二中 1 - 1 和歌山中(9回裏1死1塁・降雨引き分け)
8月22日 京都二中 9 - 5 和歌山中(再試合)
決勝
8月23日 京都二中2 - 1秋田中(延長13回)


: